パパママにカーツ!子供の口臭原因は親にある?!

小さな子供なのになぜこんなに口臭が?!原因はいろいろありますが、根本的な原因は親にある?どういうことか・・・
MENU

子供なのに口臭?!原因はどこに?

 

口臭は大人だけでなく子供にも発生してしまうケースが多々あります!
ただ、子供に口臭が出てしまう根本的な原因は何なのか?!

 

私は元をたどるとその責任はその保護者であるお父さんやお母さんになるのではないかと思っています。

 

具体的な子供の口臭の原因としては、もちろん、1つだけではなく様々な原因が考えられます。
例えば、歯磨きの仕方1つでもそうですし、ちょっとした生活習慣とか、
クセが子供の口臭原因となってしまう可能性があります。

 

子供は当然自分で考えたり、調べたりして口臭対策をできるわけではないので、
そこはやはり、親がしっかりその原因を見極めて、正しいやり方で誘導してあげる必要があります!

 

ただ、私自身一児の父親ではありますが、やっぱり子供は親が「こうしなさい」「あーしなさい」と言っても
なかなか素直に言うことを聞いてくれないもの!
ちゃんと口臭対策をする場合は、原因によっては子供の嫌がるようなことも出てくると思います。

 

そんな時にどううまく子供に説明したり、納得させる工夫を施せるかがとても大切だと感じています!
ただ、怒鳴ってやらせるのも1つの方法ですが、うまく子供の心理を利用して正しい
口臭対策をしてあげる方法を当サイトでは紹介します(#^^#)

 

子供の口臭原因に最も多いのは虫歯?対策は?

 

子供の口臭の原因として最もよくあるのが虫歯により誘発される口臭です!

 

特に子供は大人に比べると虫歯になりやすいもの!
ほとんどの人が子供の頃には虫歯にかかって痛い思いをした経験があるのではないでしょうか?
子供が虫歯にかかりやすい原因は乳歯がまだ多くを占めているからです。

 

基本的には乳歯は永久歯と同じ構成で作られており、歯の中心に神経、
その周りに象牙質、そしてその上にエナメル質が層となってあります。
象牙質、エナメル質が大切な神経を守ってくれているような構造なのですが、乳歯は歯の神経が大きく、
象牙質、エナメル質が薄いため、虫歯にかかってしまった場合、虫歯が神経まで達するのが早いようです。

 

また、幼児の場合は神経もまだ未発達である場合もあるので、
虫歯の痛さに気づけず築いたらかなり虫歯が進行してしまっているというケースもありますし、
子供は歯磨きをめんどくさがるものなのでどうしても虫歯の原因になる汚れが落とし切れていないことも理由の1つです。

 

一度虫歯にかかってしまうと、虫歯は菌の一種ですから、
口の隙間に残った食べかすを栄養分に臭いの元となる成分を代謝で作り出してしまいます。
文部科学省「学校保健統計調査」の最新情報では、子供の約半分くらいの子は虫歯をもっているそうなので、
虫歯が子供の口臭原因の多くを占めている理由がよくわかる気がします。

 

虫歯による口臭対策としては何よりも早く歯医者に行って治療をしてもらうことに尽きます。
そして、そこで一番重要なのがその異変にお父さんやお母さんがいかに早く気づけるかということです!

 

当然子供は自分で虫歯に気づいて、自分で歯医者に行くことは
なかなかできませんので、ちゃんと両親が虫歯に気づいて子供を歯医者に連れていってあげることが大切です。
といっても学校の健康診断とかでわかるはずなので、そういったものは
ちゃんと親が目を通してすぐに対処してあげれば大丈夫です(#^^#)

 

あと歯医者さんが好きな子供なんていないわけですから、
子供が歯医者に行くことをできるだけ嫌がらないような工夫も大切です!

 

ポイントとしては、歯医者は痛くないなんていうウソはつかないことだと思います。
近年の虫歯治療は進歩しているとはいえ症状次第では十分痛いです!
痛くないとお母さんが言ってたのにいざ治療したらめちゃくちゃ痛い!
子供はウソをつかれたと思って嫌な気持ちになって余計に歯医者が嫌いになってしまいます!

 

ですので虫歯を治療する意味や理由をちゃんと説明してあげて、
「治療は多少痛いけれど、放っておくと後でもっと痛くなっちゃうから今のうちに歯医者さんに助けてもらおう!」
みたいなニュアンスで伝えて、むしろ歯医者さん=ヒーローみたいなイメージを植え付けさせてあげるのも手です!

 

もっと痛いことになるとわかると、子供だってもっと嫌なはずなので
自ら積極的に歯医者に行くようになるはずです(#^^#)

 

子供の口臭原因は歯磨きの仕方?対策は?

 

子供の口臭原因でもう一つよくあるのが歯磨きをちゃんとできていないということです!
当然歯磨きが不十分なのは虫歯にもつながるわけなのでそういった意味でも正しい歯磨きを
する習慣を子供のうちに身に付けておくことは大切です。

 

ただ、子供はどうしても歯磨きをするのがめんどくさいもの!
お父さんやお母さんも子供の頃そうだったんじゃないでしょうか?!

 

やはり、そこはお父さんやお母さんがちゃんと正しい歯磨きの仕方を教えてあげて、
毎日歯磨きをちゃんとするように誘導してあげることが大切です!

 

歯磨きの細かいやり方は歯医者さん等専門家の方に詳しく教えてもらうのが一番ですが、
基本的には下記のような点に気を付けておけば大丈夫です。

@5分以上は時間をかけて歯を磨くこと
A自分の歯を見て丁寧にブラッシングすること
B子供に適した歯ブラシを使用すること
C子供に適した歯磨き粉を使うこと

 

やはりちゃんと口の中をキレイにするにはある程度の時間がかかります。
また、特に最初習慣づけるまでが大事なので、5分以上は必ず歯磨きしようねと伝えるのが良いと思います。

 

また、TVを見ながら歯を磨く子供がよくいますが、できればちゃんと鏡の前等で
歯をチェックしながら磨き残しがないように歯磨きするのが良いです。

 

子供がめんどくさそうにしているなら親がいっしょに歯を磨くことで、子供も納得して行動してくれるようになります。
最初のうちはいっしょにやるのが良いかもしれませんね(#^^#)

 

また、歯磨きの柔らかさや形状は子供によって適したものが違うので、
いろいろ試してみて使いやすい1本を親がいっしょに探してあげることも大切です。
歯磨き粉もいっしょですね(#^^#)

 

子供の口臭原因は鼻?対策は?

 

虫歯、歯磨きといった原因以外に子供の口臭が発生してしまう原因には、
アレルギー性鼻炎等の鼻由来の症状が関わっている場合もあります。

 

近年アレルギー持ちの子供はとても多いこともあり、年中鼻をつまらせているような子もいるくらいです。
鼻がつまった状態だとどうしても口呼吸になってしまうので、それによって口の中がとても
乾燥しやすくなってしまいます。

 

そうなってしまうと、口内の雑菌たちがうじゃうじゃと増殖し始めて
歯の隙間の食べかすなんかを栄養分にして口臭成分を発生させます。

 

鼻が詰まり気味な子供には要注意であり、ちゃんと親が耳鼻科に連れて
行ってあげるなりして対処してあげることが大切です!
歯医者と違って耳鼻科はそんなに子供も嫌がらないと思いますしね(^^)

 

また、同様に鼻に関わる病気として蓄膿症というものがありますが、
これが子供の口臭原因となってしまっているケースもあるようです。

 

蓄膿症による口臭は特に臭いがひどいのが特長であり、
早めに両親が気づいて適切な処置をしてあげる必要があります。
まずは、これに関しても疑わしい場合は耳鼻科に言って診断してもらうのが一番です!

 

また、蓄膿症に関しては虫歯と異なり、自宅でも多少軽減できる方法もあります。
耳鼻科でも薦められる場合も多いようですが、なたまめのお茶は膿を排出する効果があると
言われるそうで、その他の治療と併せて飲むことで効果的に排膿症を改善できます。

 

なたまめ自体はクセのある食べ物ですが、そのお茶は子供でも飲みやすく改良してあるものなので、
併せて飲むと良いかもしれません(#^^#)

 

⇒なたまめ茶の詳細はコチラ

 

子供の口臭は親次第!

 

上記で紹介した子供の口臭については、
結局のところお父さんやお母さんがちゃんと行動しない限りはまず解決することができない問題です。

 

ちゃんと親が子供を日頃から観察して、できれば異変にすぐに気づいてあげる!
そして、ちゃんと自分の子供の口臭原因を理解した上、お医者さんに行くなりして
ちゃんと対処してあげることが大事です。

 

対処する際は子供が嫌がるようなことも出てくるので、
その際は子供のことを考えた正しい伝え方をしてあげることも大切です(^^)

 

このページの先頭へ
内臓脂肪